2010年06月02日

ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)

 【ハノイ=豊吉広英、油原聡子】「明美ちゃん基金」が適用された「ベトナム医療団」の第1陣となる日本側医療団が30日午後、ベトナム・ハノイに到着した。

 この日到着したのは国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の木村壮介院長(66)をはじめ、同センター手術部の河内正治部長(57)、同心臓血管外科の秋田作夢医師(49)、同臨床工学室の深谷隆史技士(41)の4人。ハノイ市内の「ホテル日航ハノイ」にチェックイン後、31日から始まる医療指導にむけ会議を行った。

 メンバーは、各自が普段使っている医療用具を多数持参し、指導に備えている。ベトナム語が堪能で、指導における通訳の役割も担う秋田医師は「ベトナム人医師たちがよく理解できるよう、分かりやすく技術を伝えていきたい」と抱負を語った。

 「明美ちゃん基金」への振り込みは、みずほ銀行東京中央支店・普通口座110−567941「産経新聞社社会部明美ちゃん基金」。郵送の場合は、現金書留で〒100−8077 産経新聞東京本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
子供救え、ベトナム医療団に心臓手術指導 日本側第1陣、30日に出発
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
「手術技術向上が使命」重病担う中核病院 ベトナム
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」
iPadが上陸

不正請求で訪問介護事業所など指定取り消し―徳島の2社(医療介護CBニュース)
<ドン・キ放火>従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし(毎日新聞)
首相、韓国支持表明へ 哨戒艦沈没犠牲者に献花(産経新聞)
延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)
「まさか帰って来はるとは」 出征した兄の遺骨、68年ぶりに日本へ(産経新聞)
posted by ナカトガワ テツ at 07:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うしゃぁぁぁ!!!借金完済したぁぁぁ!!!
つか毎日チヌ〜コはめはめしてたら、いつの間にか無くなってたしな!!w

こんなラクな仕事あんならもっと早く教えてくれよって感じだぜwww
http://amz3nvj.AZ.kAsirA-d.net/
Posted by ちょwwwマジでボロ儲けwww at 2010年06月08日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。